お家焼肉をフライパンでする時のおいしい焼き方のコツと冷める対策!

焼肉をフライパンで焼く・炒める系

お家で焼肉をするときは、みなさんはどんな調理器具で焼いていますか?

ホットプレート派が多いと思いますが、人数が少ない家庭やホットプレートがない、またはいちいち出すのも、洗うのも面倒で嫌だ…という方も居ると思います。

そんな時に使えるのはフライパンです。

ちょっと焼肉感がない?と思いがちですが十分おいしくおうち焼肉ができるので、フライパンで焼肉をするコツや冷めてしまっておいしくなくなるのを防ぐ方法をお伝えします。

スポンサードサーチ

お家焼肉をフライパンで!焼き方のコツ

お家で焼肉♪楽しいですよね。

でも、ホットプレートってジャブジャブ洗えるものでもないので、片付けるのが面倒です。洗いやすいように鉄板がはずせるようになってたって、やっぱり洗いにくい!

じゃあホットプレートを使わずに、おいしい焼肉を食べられないものか…と、考えて思いつくのが肉が焼けて、後片付けも簡単なフライパンを使うという方法です。

フライパンでも出来るだけおいしく焼肉を作るコツは3つです。

常温に戻す

フライパンでおいしい焼肉を食べるコツは、まずは肉を常温に戻しておくこと。

冷蔵庫から取り出して30分~1時間置いておき、ゆっくり常温に戻します。

フライパンの温め方

焼く前に、ホットプレートなら「焼肉」の目盛りにあわせればOKですが、フライパンには目安がないです。

フライパンで焼くときは、まずしっかり熱してからが鉄則。

なにも入れずにあたためておき、あたたまったら一度火を止めて油を入れ、キッチンペーパーなどで全体に行きわたるように敷きます。

本格的な味にこだわる方であれば、油の代わりにスーパーで肉の近くにおいてある牛脂を使うのもいいですね。

これがこびりつきや、焼きムラを防ぐポイントです。

焼き方

焼き始めは、やや強めで焼き始めて、肉汁の具合を見ながらひっくり返して焼きます。

肉汁が浮いてきたらひっくり返すのがコツです。

こんがりカリッと焼きたいときは、フライパンにクシャクシャにしたアルミホイルを敷くと、ホットプレートの溝の役割を果たしてこんがり焼けますよ。

 

…と、お肉の焼き方ポイントはこんな感じです。

ちょっとしたことですが、意識して焼いてみてくださいね。フライパンでも十分焼肉がおいしく味わえます。

焼肉といえば一緒に野菜も焼きますよね。次は野菜についてです。

お家焼肉・フライパン調理<野菜を焼く時のコツ>

野菜の切り方

下ごしらえの段階でのコツは、焼けやすいように薄めに切ることがポイント。

分厚いとなかなか焼けないでただただ焦げの原因になるので、最初から焼けやすいように薄めに切りましょう。

野菜の焼き方

野菜も肉と同じで強火で焼きます。

油を薄く敷いて、全体に上手く火が通るように、トングなどを使って、ひっくり返しながら焼きましょう。

全体に火が通って、おいしそうな焦げ色が付けばOKです。

焼く順番 お肉vs野菜

野菜は火が通るまで時間がかかるので、先に肉を焼くとフライパンに残った肉の脂が焦げ付きます。

野菜は油分も吸収しやすいので、肉の脂でベタベタになった野菜を食べる羽目にならないように、肉より先に焼くのがおすすめです。

それに、お肉を熱々で食べたいですしね。

ピーマンやたまねぎなど、火の通りにくいものから焼いて、キャベツやなすび、きのこ類などの、火の通りが早いものは後で焼き、同時に出来上がれば、何度も焼かなくて済みますね。

しっかり焼いて、甘みの出た野菜はおいしいもの…上手に焼いて、たくさん野菜を採りましょう。

生野菜も取り入れる

焼き野菜だけではなく、サニーレタスやサンチュなどを添えてもいいですし、タレに大根おろしを入れてビタミン摂取もいいですね。

焼き野菜だけではなく、生野菜も用意すればさっぱり食べられます。

スポンサードサーチ

お家焼肉をフライパンですると冷める・・対策は?

焼肉をフライパンで

ホットプレートとは違って、フライパンで焼くと「焼きながら食べる」ことができないので、時間が経つうちにだんだん冷めておいしくなくなるのがフライパン焼肉の欠点でもあります。

冷めないうちに焼いたらすぐ食べるのがお肉も柔らかくて、一番おいしく食べられるのですが、お父さんだけ遅いとか子供だけ塾から帰ってから食べるとか、家族によってさまざまです。

肉が冷めておいしくなくなるのは、脂が固まってしまうからです。

あたため直すのが一番ですが、あらかじめ焼いて置いておきたい場合には、冷めてしまうことを見越して焼く段階で脂をキッチンペーパーで極力取り去りながら焼くか、焼いた後すぐタレに漬けて置いておくと、冷めてもおいしく食べられます。

焼肉やステーキは、焼いてからすぐ食べるのが一番おいしいので、なるべくみんな揃って食べられる時にするか、手間ですができるかぎり食べるときに焼くなどしたほうが良いでしょう。

まとめ

フライパンで手軽においしく焼ける方法をご紹介しました。

ホットプレートってワイワイできて楽しいけど、あとの負担を考えるとちょっと使いづらいときだってあります。

そんなときフライパンでおいしく焼肉ができたらお手軽だから焼肉の回数を増やすことができるかも・・w

夏には夏バテ、冬にはウイルスに打ち勝つためにも、手軽なフライパン焼肉でスタミナを補充して、1年中元気に過ごしましょう。

タイトルとURLをコピーしました