もつ鍋の具材!ホルモン以外のおすすめ野菜や変わり種具材といえば!

もつ鍋もつ鍋

寒い季節は鍋の季節!今日は旦那さんもおやすみ、子供達も揃ってる♪なんて日は鍋にする機会も多いのではないでしょうか?

そして、主婦としてはおいしい上に簡単で冬の乾燥に打ち勝つため「肌に良い鍋」なら最高な気分になりますよね・・。

じゃあ!そんな時はもつ鍋!

鍋物はメイン具材の他に何を入れようか悩みがち。この記事では、もつ鍋の時に入れたいベーシックな具材と、こんなのもありかな?な変わり種具材を紹介します。

そしてなかなかスーパーに売ってない時もあるもつ(ホルモン)。そんな時は、通販で決定!楽天で買えるもつも紹介しますね。

スポンサードサーチ

もつ鍋の具材!もつ以外で必要なものはこれ!

もつ(ホルモン)

今では有名なもつ鍋ですけど、その昔、朝鮮半島からやってきたんだそうです。主に炭鉱夫の人たちが食べていたものなんだって。しかも、初めは鍋というよりもすき焼きのようにまずは焼いてから煮るようスタイルだったそう。

終戦後まもなく、福岡に伝わってきて日本に広がったんです。だから、今でも福岡ではもつ鍋がご当地料理として有名ですよね。

そんなもつ鍋、今ではたくさんの家庭が家で楽しんでいます。もつ鍋だからもつ(ホルモン)は確実に入れるとして、他に一緒に入れたい具材を紹介しますね。

<もつ鍋に外せない具材>

新鮮なもつ!

<もつ以外で欲しい具材>

  • キャベツ
  • 万能ねぎ
  • 玉ねぎ
  • 大根
  • にら
  • もやし
  • 人参
  • しめじ
  • きくらげ
  • 豆腐

 

もつは牛もつ、豚もつお好きなものを用意しましょう。

私の経験上、もつ(ホルモン)はスーパーに無い時も・・。あったとしても、新鮮に見えない場合もあります。せっかく気分はもつ鍋!と思っていても、もつが手に入らないときもしばしば。近くにいいお肉屋さんも無いので(泣)

あの時の悲しみ・・何度諦めたことか??

もつに関しては、場合によって通販の方が新鮮なものが手に入ったりします。いつでももつ鍋ができるように、あらかじめネットで購入しておくことをお勧めします〜

変わり種具材を紹介する前に、通販のものを紹介しておきます♪

もつ鍋の具材のメインとなるもつがスーパーに売ってない時は!

■ミックスホルモンだと一度に仕入れ可能♪

いろんな部位が食べたいならこれで決まり!ですね。

 

■レビュー多すぎ大人気の鍋セットもあります♪

豆乳味のもつ鍋セット♪

 

■たっぷり買うならこれー!

我が家のように家族が多い場合、ちょっとのもつだとダメ。このもつセットは冷蔵で配送されてきます。すぐ使えるのも魅力。

もちろん到着してから冷凍も可能!冷凍だと3ヶ月ほど日持ちします。

もつ鍋具材ホルモン以外の野菜について

野菜は、白菜よりキャベツがおススメ。全体が煮えたら、万能ネギやニラを上に綺麗に並べるのがもつ鍋って感じですよね。どさっと見た目もよし♪

人参を入れると彩りが綺麗だけど・・入れない時も正直多いです。

大根や豆腐など、淡白な味わいの具材も、もつの力でしっかりコクのある味に。

ごぼうも入れる人が多いですが、私は入れません。

こんなのもあり?!なもつ鍋に入れたい変わり種具材を次に紹介します。

もつ鍋具材の変わり種は!

もつ鍋の基本中の基本鍋はもちろん美味しい。だけどたまにはいつもと違うもつ鍋が食べたい時だってありますよね!

あくまでも変わり種なんで、もしかしたら入れなかったほうがよかったと後悔があるかもしれませんが、もし美味しくできたら??こんなに嬉しい発見はありません。

好き嫌いはあるかもしれないけど、変わり種の中でもこれなら試せる具材は・・この3つ!

<もつ鍋の変わり種具材>

油揚げ

クレソン

リーフレタス

油揚げは鍋に入れる時って多いですよね。

でももつ鍋の場合、もつにこってりコクがあるので油揚げを避ける場合も多いです。しかし!やっぱり入れても美味しいんです。

油揚げにジュワッともつのコクも加わって最高のコクに!今日は濃いのが食べたいわーって時にぜひ!

クレソンやリーフレタスはその逆ですね。こってりの中にさっぱりをプラスしたい時に入れてみてくださいね。

スポンサードサーチ

もつ鍋を美味しく作るコツ

もつ鍋は私の中で難しい鍋料理の一つです。ちょっとコツというか美味しくするために少しの努力が必要なお鍋だと思います。

改めて次のことに注意をして作ってみてくださいね!

やっぱり新鮮なもつが必要

もつそのものの新鮮さが美味しさを左右します!これは間違いなく・・。近くにお気に入りのお肉屋さんあります?私の家の近くにはないんです。

だから通販で買うようにしています。あらかじめ用意する必要があるので、もつ鍋を食べる日に合わせて買っておきましょう。

下処理を忘れずに!

ズボラ主婦なんで、下処理と聞くだけで避けてしまいそうなんですが・・もつ鍋の場合は下処理は必須です!!基本の作業!

しょうがやネギの青い部分を一緒に入れて下ゆでしてくださいね。(無い時は私はそのまま茹でちゃいますが・・)

もつの臭みが消えて、より美味しいもつ鍋に!

スープも重要

もちろん新鮮なモツも必要だけど、やっぱりスープも重要なんですよね・・。適当にやっちゃうと私の場合はどこか失敗しちゃうんです。

慣れていない場合はしっかりレシピを見るか、スープを購入するなどしておくと安心ですよ!

まとめ

ホルモンは好き嫌いの激しい具材だとは思いますが、鍋にすると本当に美味しいです!

私もホルモンは部位がどこかを考えてしまって苦手だった時期もあるんですけど、友達の家で食べたもつ鍋に感動しておいしさを知りました。

美容効果もあって、アラフォーの私にもぴったり!(笑)

もつをあらかじめ仕入れておき、具材を揃えてもつ鍋楽しんでくださいねー。

タイトルとURLをコピーしました